第三者評価事業

 福祉サービス第三者評価は福祉サービス事業者でも利用者でもない第三者性を有する機関(評価機関※)が、事業者や利用者やその家族に対する調査に基づき、事業者の提供するサービスを客観的な立場から総合的に評価いたします。
※介護の会まつなみは、かながわ福祉サービス第三者評価推進機構認証第16号及び社会福祉法人全国社会福祉協議会認証番号2409-017-02の評価機関です。
(茅ケ崎市1-1-12)


 第三者評価の目的

  1.福祉サービスの質の向上
    第三者評価により、事業者のサービス改善等の取り組みを促進し、利用者が質の高いサービスを
    利用できるよう、サービスの質の向上を図ります

  2.福祉サービスの選択肢支援
    第三者評価結果の公表により、事業者が提供するサービスの情報を提供し、利用者が自分に合った
    質の高いサービスが選択できるように支援します


 

 第三者評価を受けるメリット

  利用者にとってのメリット

  • 質の高いサービスを利用し、自分らしい自立した生活を送ることができます
  • 福祉サービスの質に関する情報を得ることができ、自分に合った事業所を選ぶことができます

  
  事業者にとってのメリット

  • 評価のプロセスと評価結果から、サービスや経営の良い点や改善点など、新たな気付きを
    発見することができます
  • 他の事業者の評価結果から、様々な工夫を自らのレベルアップに活かすことができます
  • 第三者である評価者との対話から、経営面で新たなヒントを見つけることができます
  • 利用者調査を行うことで、潜在化した利用者の評価や意向を把握しやすくなります
  • 利用者本人や家族、地域の方々に事業所としての考えや取り組み、事業所の強みについて
    積極的なPRができます
  • 職員の教育・研修の一環として評価を活用できます
  • サービスの特色や、努力して取り組んでいる部分を地域社会や利用者に適切に情報提供する
    ことができます(説明責任と信頼性の担保)
  • 他の事業者の評価結果を知ることにより、優れた事例を学ぶことができます

  
  地域としてのメリット

  • 第三者評価を普及することにより、関係者や当事者だけでなく、将来の利用者である市民も
    含めて、その地域で提供される福祉サービスについて、地域にとって望ましいあり方を考える
    環境が生まれ、より良い地域作りに役立てることができます

   


 

 評価対象サービス

  児童分野  保育所
        児童養護施設
        乳児院

  高齢者分野  介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
         介護老人保健施設(老人保健施設)

  障害者分野  身体障害者更生施設(肢体不自由)
         身体障害者更生施設(視覚障害者)
         身体障害者更生施設(聴覚・言語障害者)
         身体障害者更生施設(内部障害者)
         身体障害者療護施設
         知的障害者入所更生施設
         知的障害者入所授産施設



 評価機関の特徴

  1.事業所の想いを十分に汲み取りつつ、サービスの質の向上に努力している点を評価します

  2.神奈川県社会福祉協議会及び当法人独自の評価項目で評価します

  3.評価手数料に見合う評価をします



 料 金

  児童・高齢者・障害者分野 295,000円
  
  上記の料金は標準価格です。詳細は見積もりをさせていただきます


 

 標準的な評価の流れ

  →標準的な評価の流れについて


 

 お問い合わせ先

  特定非営利活動法人介護の会まつなみ 評価事業部までお電話ください。
  TEL:0467-57-5272
  FAX:0467-57-5273


 事業所地図

     〒253-0022 茅ケ崎市松浪1‐1‐12


 →評価結果はこちらをご覧ください